人気の人参サプリを比較・厳選しました!
メインイメージ

高麗人参の栽培方法

高麗人参の栽培は難しく、人口栽培が可能になったのは歴史上でも最近の話です。
高麗人参が生育するのに適した環境の条件は水気が豊富でかつ水はけのよい弱酸性の土壌と、暑すぎず寒すぎない気候です。
そうでないと根腐れを起こすなど、きちんと育つのが難しいのです。
高麗人参の発症の地は韓国のプンギというところで、そこで育ったものは最高級品と言われています。

およそ20年のサイクルで高麗人参は栽培されますが、まず最初の工程が土作りになります。
2~3年を要して行われます。
土壌の栄養分をすべて吸収して育ちますので、土作りの成功の如何が高麗人参の品質を決定します。

苗を植えた後からでは手を加えることができませんので、事前の下準備としてこの工程に大きな時間を割きます。
土作りがもっとも重要な工程であるといえるのです。
土作りが上手くいったら、苗を植えます。

11月から4月にかけて行われ、畑の傾斜の角度や苗同士の間隔、敷き藁などの、苗植えの際にも細かな技法を要します。
苗植えから2年目に日よけ屋根の設置を行います。
日照時間や量を調整する目的です。

3年目以降からサポニンをはじめとする高麗人参の栄養価が蓄えられていきます。
6年の歳月を費やして作られる六年根が最も栄養価が高いとされています。
4年もしくは6年で収穫されるのが一般的で、収穫後は土地の栄養が失われているためその後15年間ほどは何も育てることができなくなります。
土地を十分に休ませ、次の苗植えまで回復をさせるのです。

このように高麗人参の生育には多くの手間や時間や栽培技法を必要とし、他の農作物と比較するとやはり価格もそれ相応の高さとなっているようです。
高麗人参を栽培している地域には、朝鮮半島の地域や中国東北部、ロシア、日本などがあります。

朝鮮半島においては高麗の時代より一部の農家で栽培が行われてきました。
日本では徳川家康の時代に人工栽培を試みましたが上手くいかず、18世紀前半の徳川吉宗の時代に栽培が可能になりました。
現在では日本の長野県や福島県、島根県で栽培が行われています。

ただ日本で6年根を育成するのはまだまだ難しく、
最高品質の高麗人参を取り寄せるならば開城や韓国産の高麗人参がお勧めであるといえるかもしれません。

トップに戻る