人気の人参サプリを比較・厳選しました!
メインイメージ

高麗人参は参鶏湯で美味しく摂取

高麗人参を使った料理といえば参鶏湯が有名かと思います。
参鶏湯は朝鮮半島地域で広く親しまれている薬膳料理、滋養食で、日本でも韓国料理屋さんなどでいただくことができます。

参鶏湯はチキンスープの一種です。
ペクスクという丸鶏を水炊きにする漢方入り鶏煮込みと、タッククというもち米で作る粥が合わさったものがあります。
また、サムゲタンの元々の料理とされており、20世紀前半の料理研究書籍にそのことが書かれております。

作り方は、まず鳥の内臓を取り出し、その中に高麗人参を始める漢方生薬と、もち米、ニンニク、松の実、クルミなどを入れて2,3時間程煮込みます。
ニンニクや生姜は臭みを取る効果があるので、参鶏湯作りに欠かせないアイテムの一つです。
強火でよく煮た後に弱火で小一時間煮込むのがベストです。
1日中かけて煮込むケースも稀にあります。

韓国では夏場に夏バテ解消のために提供する食堂もあり、韓国特有の薬食同意という考え方を示しています。
「熱を持って熱を制する」という言葉もあり、疲労回復の料理としてとても人気が高いのです。
参鶏湯用に加工された鶏肉も韓国ではスーパーに並ぶことがあり、日本でいう土用の丑の日のウナギのように一般的に親しまれています。
もちろん料理用の高麗人参もここで購入できます。

また、大切な来賓が来た時のおもてなし料理や病気に伏した時の健康食としても食されています。
ただ熱風邪の場合は動悸を誘発させる可能性があるため食べることは禁じられているようです。

面白いことに韓国では調理時に調味料はほとんど使われません。
食卓で食べる際に各人が思い思いに塩、こしょう、キムチなどで味付けをします。

もち米は煮込む際に入れるのが基本ですが、スープが出来上がってからもち米を入れる雑炊のような食され方もあります。
鶏肉はよく煮こまれた場合は軟骨まで食べることができますが、小骨で消化器官を痛める危険もありますので注意しましょう。

材料自体は日本でも揃えることができますので、興味のある方はぜひご自宅でもお作りになってみてください。
高麗人参のエキスを余すことなく摂ることができ、疲労回復や滋養強壮をはじめ様々な効果があります。

トップに戻る