人気の人参サプリを比較・厳選しました!
メインイメージ

高麗人参の正式名称

そもそも「人参」は、枝分かれしたその形状が人の形にそっくりであることに由来しています。
本来「人参」は自生する山参全般を意味するもので、薬効に特に優れ、人間の形をしている高麗人参に限定して「人」の字と「参」の字が付けられたという説もあります。

「人参」は古来より朝鮮半島の広範囲に亘って自生していましたが、中国の神話に以下のようなお話があります。
「うめき声のする地面を掘ったところ、人間の形をした根がでてきて、そのエキスで死者を蘇らせた」
という人参にまつわる伝説が残っています。

「参」の字は漢字で「3」を表しますが、「3」は古代から東洋において完璧を意味する最もよい数字であります。
人参の薬効がとても優れているという意味合いで「参」の字が用いられたとも考えられます。

「高麗人参」は原産国である朝鮮半島においては単に「人参」と呼ばれています。
ですが、日本ではオレンジ色のニンジンと区別するために、「高麗人参」の呼称が使われています。

「高麗」はかつて中国東北部から朝鮮北部にあった国家「高句麗」に由来し、中国や日本の史書において「高麗」と表記されているためです。
本場韓国では「高麗人参」とは呼ばれておらず、「高麗人参」は日本から逆輸入された名称であると言えます。
ですので朝鮮地方では現在、日本向けに出荷する場合にのみ「高麗人参」の名称を用います。
かつては「朝鮮人参」とも日本では呼ばれていましたが、韓国が「朝鮮」という呼称を嫌ったため、「高麗人参」の名称が定着しています。

日本における高麗人参の正式名称は「御種人参(おたねにんじん)」です。
つまり「高麗人参」「朝鮮人参」「御種人参」は同一のものです。
これは江戸時代の8代目将軍徳川吉宗が、朝鮮半島から取り寄せた高麗人参の種と苗を用いて日本での人工栽培に成功し、各地の藩主に「御種」を分け与えたことに由来します。
その後日本各地で高麗人参の栽培が可能になり、諸藩の財政を救うこととなりました。

学名は「Panax ginseng(パナックス ジンセング)」で、1842年にロシア人植物学者マイヤーによって名付けられました。
「Panax」はギリシャ語で「万能薬」の意味で、「ginseng」は人参の中国語発音が元となっています。

トップに戻る