人気の人参サプリを比較・厳選しました!
メインイメージ

高麗人参服用時の注意点

高麗人参は植物由来ですので摂取による副作用は比較的少ないと言えます。
そもそも生薬であり食品でありますので副作用という呼び方は正しくないかもしれません。

ただ1日当たりの摂取目安を守ることが重要です。
高麗人参エキスのサプリメントで0.9グラム未満、お茶として煎じて飲む場合は5グラム未満が、リスクの少ない摂取量となります。

また、高麗人参は健康面における効果がとても高く、滋養強壮や二日酔い、冷え性の改善などの効果はすぐに実感できる場合が多いです。
高血圧をはじめとする生活習慣病の改善やがん治療の目的においてはその効果を必ずしもすぐに実感できるとは限りません。
ですので、効果を過剰におって副作用のリスクを高めてしまわないように注意したいところです。

個人差がありますが、高麗人参の服用後は体調のわずかな変化がみられることがあります。
メンテン(好転)反応と呼ばれ、症状改善のシグナルとも考えられています。
ですので高麗人参を摂取する際は少量からはじめ、徐々に体に慣れさせていくべきであるとも言われています。

メンテン反応の事例としては、頭痛や眠気、倦怠感、便通不良が報告されており、
2週間以上経っても症状が変わらない場合は医師へ相談するのがよいでしょう。

また未成年や妊娠中、授乳中の方は、高麗人参の摂取において特別な注意を払う必要があります。
特に貧血の改善に効果があるため妊娠中の方にも高麗人参はお勧めであるのですが、医師と摂取量の相談等をする必要があります。
個人の体質に合った飲み方を見つけることが大切です。

また高血圧の方も医者との相談が必要になります。
高麗人参は貧血を改善することからも分かるように血流を増加させる働きがあります。
今でこそ医学的な研究によって高麗人参には赤血球を柔軟にし血栓を解消する働きもあることが認知されておりました。
ですが、かつては高血圧患者は高麗人参を摂取するべきではないという考えが一般的でした。

高血圧に関しては今と昔で考え方が異なりますので高麗人参の摂取に不安を抱える方も多いと思います。
ですので、かかりつけの医師に相談をしてから利用するのがよいかもしれません。

トップに戻る