人気の人参サプリを比較・厳選しました!
メインイメージ

漢方としての高麗人参

高麗人参は多くの漢方薬に使用されています。
特に胃腸強化という観点から高麗人参の薬効を利用されているケースが多く、他の漢方生薬と配合された形で使われることが多いのです。
ですが、高麗人参それだけで摂取されても十分効果があることで知られています。

他の漢方薬は配合などが難しいのですが、高麗人参にはその意味で非常に手軽に摂取できますので、
1日の摂取量の目安さえ守れば誰でも気軽に服用することができます。

高麗人参の胃腸強化ですが、この働きは高麗人参有効成分の血流増加の機能が需要な働きをしています。
高麗人参に含まれるサポニンは赤血球のヘモグロビンを増加させ、ヘモグロビンの柔軟性を高め、なおかつ血管を拡大させます。
血の巡りがよくなることで胃腸をはじめとする各臓器が活性化されますので、消化能力や吸収能力を飛躍的に向上させます。

高麗人参のニンジンサポニンは他のサポニン、例えば大豆サポニン、などと違い
いくら摂取しても血液をどろどろにすることがありませんので、安心して服用することができます。

また神経系に働きかけてホルモンバランスを調整したり、すい臓などの臓器の機能を直接的に高める働きもあります。
特に自律神経の調整作用は大きく、身体のあらゆる不随意器官の調子を整えますので、健康面において総合的な機能改善の働きをします。

古来より高麗人参には「七効説」としてその効用が認知されてきました。
「七効説」は、「補氣救脱」「益血復脈」「養心安神」「生津止渇」「補肺定喘」「健脾止瀉」「托毒合蒼」と呼ばれる七つの効用があるというものです。
それぞれ、滋養強壮、血流改善、自律神経の安定化、糖尿病などによる水分欠乏の抑止、呼吸器の機能改善、胃腸その他臓器の機能回復、免疫力の向上という意味になります。
古来より高麗人参の幅広い薬効が認められてきたことを物語っています。

日本でも高麗人参は栄養ドリンクなどとしてお馴染みです。
最近は通販などでも気軽に手に入れることができます。
一日の摂取量は決まっていますので、その決まった量を効果的に飲みましょう。
おすすめの飲み方は高麗人参を一日数回に分けて飲む方法です。
一度に摂取することもできますが、効果を持続させるにはこまめに体内に入れる方が良いのです。

トップに戻る