人気の人参サプリを比較・厳選しました!
メインイメージ

高麗人参の歴史と利用法

日本や中国で古来から薬用として珍重されてきた高麗人参は、ウコギ科の多年草で、中国北東部などで野生種のある希少な植物です。
中国では、二千年前の書物にも高麗人参の高い有用性が記載されているほどです。
大変栽培が困難な植物とされていた高麗人参でしたが、18世紀初頭の朝鮮半島にて栽培が成功しました。

日本では、朝鮮人参とも呼ばれた高麗人参は、朝鮮半島から輸入のみにて入手されていましたが、江戸時代の八代将軍吉宗によって国産の高麗人参の栽培が推奨され、現在は福島県の会津地方や長野県の東信地方など栽培している地域があります。

高麗人参は、根に含まれるサポニンという成分によって、糖尿病や動脈硬化の予防、滋養強壮に効能があるとされてきました。
また、血圧や自律神経の乱れを調整し、自律神経の乱れを整えるといわれています。
漢方では、高麗人参は薬効を高める効果があるとして、他の漢方薬とあわせて配合する場合もあります。

また、韓国での高麗人参の利用方法は、高麗人参を煎じたものをお茶にして飲んだり、料理に利用したりします。
このように高麗人参を多用している韓国では、食品だけでなく石鹸などにも高麗人参を配合している商品が売られています。
韓国旅行した人から、お土産として高麗人参の配合された品をもらっている人も多いのではないでしょうか。

他方、日本ではこのような高麗人参を料理に利用することもありますが、手軽に摂取するために、サプリメントを活用する人が多くなっています。

トップに戻る