人気の人参サプリを比較・厳選しました!
メインイメージ

高麗人参は普通の人参と何が違うの?

高麗人参というと、滋養強壮に良かったり健康をサポートするために良いものというイメージがありますよね。
高麗人参は普通の人参のミニチュア版のような形をしていますが、どのような部分が違うのかをご紹介しましょう。

まず、高麗人参は収穫をするまでに10年もの年月がかかります。
普通の人参は収穫までに3,4か月程度のため、育てるまでの時間が違います。
なぜ高麗人参は育成期間が10年も必要なのかというと、高麗人参の土づくりに2,3年程度、収穫をするために4年以上もかかるからです。
天然物の高麗人参は、薬効が高いため手に入れることが非常に難しく、とても高い値段で取引がされています。

高麗人参は、普通の人参と違って加工する方法によって種類が分かれます。
まず、水参は収穫した生の状態で、4年目の人参を白参、6年目の高麗人参で皮をむかずに湯通しをして乾燥をさせたものを紅参と呼びます。
スーパーで売られている普通の人参は、高麗人参とは種類が違ってセリ科に所属します。

もっとも異なるのが、含まれている成分です。
普通の人参はカロチンが多い野菜ですが、高麗人参はサポニン配糖体があります。
サポニン配糖体の中のジンセノイドという成分は、骨髄細胞を分裂促進する力があり、抗血小板作用があります。
この成分によって、動脈硬化、貧血の改善、代謝改善が期待できます。

高麗人参を選ぶときには、効果が一番高いとされている6年物がおすすめです。
ただ、高価なため値段はそこそこすることを覚えておきましょう。

トップに戻る