人気の人参サプリを比較・厳選しました!
メインイメージ

高麗人参の歴史

高麗人参は4~5000年前から治療等に使用されてきたとみられています。
中国の神話に高麗人参の薬効を示すものがあり、「人の形の根菜が、そのエキスによって死者を生き返らせた」という伝説が残っています。

現存する文献で高麗人参に関する最古の記録は、紀元前40年ごろの中国前漢時代のものです。
それ以降も『傷寒論』や『神農本草経』といった古代中国の文献を中心に高麗人参の効用が紹介されています。
日本においては奈良時代に中国から高麗人参が贈られてきたという記録があります。
大変貴重なもので、皇族やその周辺のものしか口にできなかったようです。

また『続日本紀』にはその時の様子が書かれています。
『続日本紀』の話を紐解くと、江戸時代に将軍徳川家康は高麗人参を高く評価し、日本での栽培を試みましたが上手くいかなかった、と記されています。

そのため、日本の市場でも高麗人参が高値で取引される中、大規模な人口栽培に成功したのは徳川吉宗の時代の頃となっています。
全国の大名にその種を配ったことから「御種(オタネ)人参」と呼ばれました。

世界的に知られるようになったのは大航海時代で、多くの宣教師や商人によってその名が広まりました。
当時の宣教師による記録などからその様子をうかがい知ることができます。
18世紀に、北アメリカで人参が発見されましたが、高麗人参に比べて栄養価が低かった為、高麗人参ほど重宝されなかったようです。

現代においても高麗人参のファンはたくさんいます。
エリザベス女王や王室が高麗人参に大きな関心をもっていたり、ローマ法王ヨハネ・バウロ2世が寵愛していました。
このように高麗人参は長い間、その薬効が高く評価されて、取引をされてきました。

高麗人参には様々な歴史から語られるとおり、その効果には非常に多くの方が魅了されています。
現代社会を生きていく中、この高麗人参のパワーを効率よく摂取して、自分のパワーに生かしていきましょう。
ちなみにhttp://15ne.jp/roku.htmlにかいてあるように6年根が最高級品と言われていますので、高い効果を実感するためにも6年根を使用した製品を選ぶようにしましょう。

トップに戻る