人気の人参サプリを比較・厳選しました!
メインイメージ

高麗人参酒で冷え症改善

日本女性の悩みの一つに「冷え性」が挙げられますが、冷え性は日本人女性に限らず、東洋人女性特有の症状であることが知られております。
夏でも手先などの冷えに悩まされるのは日本人だけではないのですね。

高麗人参を漬けた高麗人参酒は東洋人女性共通の悩みである冷え性の改善に大きく効果を発揮します。
高麗人参が冷え性を改善するメカニズムには高麗人参とお酒の2種類の作用に依ります。

まず高麗人参に含まれる栄養が血流を促進させ、更に赤血球の柔軟性を上げるので血行を促進します。
結果体内の酸素不足が解消されて細胞や組織が目覚め、体温の上昇を促します。

加えてアルコールによって過剰な神経の働きを緩和し、ストレスを解消させます。
つまり高麗人参の成分自体が血液の巡りを良くする上に、アルコールの働きによる相乗効果によって慢性的な冷え性の改善に大いに役立つというわけです。

ですので、高麗人参を飲むと、体の芯からじわじわと温まってくるのが実感できると思います。
冷え性で悩んでいる方は、高麗人参酒は特におすすめです。

高麗人参酒を作る場合、乾燥人参で漬ける方法と生の人参で漬ける方法があります。
作り方において大きな違いはほとんどありませんが、出来上がる日数がわずかに違います。
生の高麗人参を使った場合は出来上がりまでに1~2か月かかり、乾燥した高麗人参の場合は3か月~半年ほどかかります。

作り方は簡単で、口のやや広いビンに高麗人参を入れホワイトリカーを注ぎ、暗い所に保管しておくだけです。
高麗人参の苦みを消したい方は少々のナツメを一緒に漬けてください。
後は入れた高麗人参の乾燥具合い応じた日数分だけ寝かせておけば完成です。

高麗人参の飲み方に注意が必要なのは1日の摂取限度量でしょう。
お酒ですから飲み過ぎがよくないのは言うまでもありませんが、1日当たり10㏄が目安になります。

お湯割り、ロック、ソーダ割りと飲み方は様々ですが、高麗人参の苦みが苦手な方にお勧めなのが蜂蜜を入れる飲み方です。
甘みが出て、苦みが気にならなくなります。

市販でも取り寄せることができますので、気になる方は是非お試しください。

トップに戻る