人気の人参サプリを比較・厳選しました!
メインイメージ

高麗人参の深い歴史について辿ってみる

高麗人参は大昔から万能薬として人々に親しまれている歴史深い薬草です。
その歴史はなんと今から4,000年前といわれています。
現代でも人々の健康維持のために役に立っている高麗人参ですが、今回はその深い歴史についてご紹介します。

高麗人参は今から約4,000年以上前に中国や韓国、そして朝鮮で初めて用いられたとされています。
様々な身体の不調の改善や滋養強壮効果が期待されました。

その後、日本に渡ったのは今から約2,000前、江戸幕府初代将軍徳川家康の時代といわれています。
健康志向の強い家康は生薬として高い効能を持つ高麗人参を大変気に入り、肌身離さず持ち歩いていたといわれています。
家康は高麗人参の栽培をも試みたそうですが、残念ながら失敗に終わりました。

後に8代将軍吉宗の時代に人工栽培の成功を収めたといわれています。
当時、高麗人参は希少で大変高価だったため、一般庶民には到底手に入りませんでした。
それもそのはず、高麗人参の栽培はとても難しく、一定の条件がないと収穫までこぎつけることができなかったのです。

また高麗人参というネーミングから一般的に野菜として食べられている人参の一種と思われがちですが、実際には全く異なる植物です。
野菜の人参はセリ科で、高麗人参はウコギ科の多年草です。
高麗人参という名前の由来に関しては諸説ありますが、人の形に似ているという理由が由来ともいわれています。
また日本では朝鮮人参という呼び方でも親しまれています。
しかし歴史的背景から韓国への配慮もあり、今は高麗人参と呼ばれる傾向にあります。

これだけ長い歴史を辿り今もなお人々に親しまれているということは、高麗人参のその高い効能と信頼性、そして安全性を物語っているといえます。

トップに戻る