人気の人参サプリを比較・厳選しました!
メインイメージ

高麗人参と癌の関係は?

漢方や健康食品などで有名な高麗人参には、ジンセノイドとも呼ばれるサポニンやアルカロイドなどの含窒素化合物が含まれています。
サポニンは植物の根や葉、茎などに多く含まれている成分で、血中の悪玉コレステロールの増加を抑制する効果や脂肪の吸収や蓄積を抑える肥満予防の効果、血流改善や免疫力の強化、肝機能の正常化のほか、咳や痰の抑制など多様な働きをします。

アルカロイドは窒素を含み、アルカリ性を示す有機化合物で、炭素を含む化合物です。
毒と薬の宝庫とも言われており、植物体に多く含まれ、動物に対して神経毒として働くものが多いことが特徴です。
ヒガンバナやジギタリス、トリカブト、夾竹桃などの猛毒から、モルヒネやコカインなどの麻薬成分、ニコチンなど2000種類以上が存在すると言われています。

サポニンには身体の抗酸化力をアップさせる力や、新陳代謝を活発にする力、血液をサラサラにして血流を改善する効果、肝臓や腸の解毒作用をサポートする役割などがあります。

アルカロイドには癌細胞を攻撃する働きや免疫細胞の働きを強くする効果などがあり、これらの成分が、癌の症状改善に役立つという報告があるのです。

抗癌剤や放射線治療などで疲弊した身体にも、自己免疫力を高めることで身体の機能を正常に整えるサポート効果があり、癌に負けない強い身体作りに役立ちます。
アンチエイジング効果でも知られる高麗人参のこれらの働きから、内臓機能の正常化が期待でき、癌の転移を予防する効果にも繋がるのです。

トップに戻る