人気の人参サプリを比較・厳選しました!
メインイメージ

高麗人参の副作用を知ろう

高麗人参には副作用はないものとされています。
高麗人参自体が天然の植物であり、その加工にあたっても加熱したり干して乾燥させたりという過程はあっても限りなく自然のままのものですから安心して摂取できるものです。
俗説としてまことしやかに言われている高麗人参の副作用は「動悸が激しくなる」「発熱する」「下痢をする」といったものもありますが、現実的には不可能であろうと思われるほど大量の高麗人参を一度に摂取しない限りはこれらの副作用は起きにくいことと考えられています。
ではなぜ動悸や発熱、下痢などの副作用がささやかれているのでしょうか。

これらの「副作用」と言われている諸症状ですが、じつは好転反応である場合があります。
好転反応とは体の中に溜まっている毒素が排出されようとするときに一時的に出現する体調不良を総称して言います。
下痢や抜け毛や脱毛、湿疹やかゆみなどが代表例です。
好転反応と思われる症状が出た場合は、いったん高麗人参の摂取を控えて症状が落ち着くまで様子を見るか、摂取の量を抑えて様子を見てみましょう。
好転反応の場合は一時的な症状ののち収まっていきます。
その後は摂取を続けることによって高麗人参の本来の効能を実感できるようになっていくことでしょう。

ただし心配な場合や好転反応による症状が治まらない場合、長引く場合は体に合っていない場合です。
かかりつけの医師や薬剤師など信頼できる人に相談することをお勧めします。
また好転反応とは別にアレルギー反応が出る場合もごくまれにあります。
もともとアレルギー体質の人は高麗人参の摂取によって何らかのアレルギー反応が出る可能性もありますのでアレルギーのない人以上に注意が必要です。

トップに戻る