人気の人参サプリを比較・厳選しました!
メインイメージ

歴史ある高麗人参のひみつ

みなさんは、日ごろどういった野菜を摂っているでしょうか。
野菜の中でも緑黄色野菜は健康のために必須栄養素となりますが、人参もその中の一つです。
スーパーマーケットでも、日常的な食材として人参は重宝されていますが、高麗人参もその圧倒的な栄養価から注目されています。
まず、高麗人参とはどういったものなのか、普通にスーパーマーケット等で売られている人参とはどのように違うのかということを説明していきます。
そのためにはまず、高麗人参の歴史から紐解いてみましょう。

高麗人参はその名のとおり、日本国内から発祥したものではなく、中国から伝わってきたものです。
耳なじみのある言葉としては、朝鮮人参という単語を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
中国の中では昔から有名な人参であり、不老長寿が謳われてきました。
日本に伝わってきたのはなんと江戸時代で、それくらい古くから栽培されるようになった人参です。

しかし、日本のスーパーマーケットに高麗人参が並んでいるのを見るのはそれほど多くないかもしれません。
スーパーマーケットに並んでいる国産の人参と高麗人参の違いはどこにあるかというと、日本で栽培されている人参が、一般的に栽培を始めてから100日以上で収穫されるものが多いのに対し、高麗人参は収穫までに6年から10年程度かかっているものが多いようです。

また実際、高麗人参の生産の70パーセントほどは中国産だと言われていますから、日本のお店に並ぶものは希少かもしれません。
しかしながらその栄養価から、高麗人参は日本でも、福島県や長野県などで生産されています。
高麗人参を作るのも簡単なことではなく、まず生産に適した土壌を整備するだけでも何年もかかってしまいます。
しかしそのほうが薬効が高いと言われていますので、それだけの年月をかけて作られただけの価値はあるということです。

トップに戻る