人気の人参サプリを比較・厳選しました!
メインイメージ

世界最高の開城産高麗人参

高麗人参は現在世界の至る所で栽培されていますが、
その中で名産地として特に名高いのが北朝鮮の南部に位置する開城(ケソン)です。
開城は今から千年ほど前に栄えた高麗の王都として知られています。
現在の北朝鮮と韓国の国境付近に位置し、典型的な城郭都市の形をとります。

高麗に時代において開城は商業が特に盛んに行われておりました。
開城の商人は「松房」「松商」と呼ばれ、朝鮮各地で活躍をしました。
当時より高麗人参は非常に高値で取引されており、高麗人参の栽培と対外交易の主導権を確保した松商は、非常に大きな富を蓄積したと伝えられています。

現在でも開城産の高麗人参で作られた人参酒は、北朝鮮の名産品の一つとなっています。
巷で目にする高麗人参の商品説明の中でも、この「開城産」のキャッチコピーをよく見かけるのではないでしょうか?
開城の他に高麗人参の産地として有名な地域として、中国の長白山(白頭山)麓、韓国の仁川広域市江華郡、日本では福島県会津地方や長野県、島根県などが挙げられます。

開城産の人参は他の高麗人参とどこが違うのでしょう?
開城の人参栽培の歴史は、朝鮮王朝時代より行われており、元来、国王への献上の目的で栽培が行われるようになったのがルーツです。
開城の人参農家は、最上の品質を自負して高麗人参を国王に献上していたという経緯があります。
そして、最高級品としての歴史と伝統的な栽培秘法が、開城産人参が他の地方の高麗人参に勝る点であると言えます。

また、高麗人参の市場価値はその形に依りますが、特に開城の人参は「短い胴に太い脚」という特徴があり、女性のような美しさという定評があります。
ですので、市場で取引される際も高い値段で売買されるのです。

今でこそ高麗人参は世界各地で栽培されておりますが、人工栽培が容易になったのは近年に入ってからのことです。
古来より高麗人参が自生してきた朝鮮半島の限られた地域こそが土壌や気候の関係上もっとも栽培に適しております。
栄養素を非常に多く含んだ高麗人参が必然的に育つ環境であると言えます。

トップに戻る