人気の人参サプリを比較・厳選しました!
メインイメージ

高い高麗人参と安い高麗人参の違いは何?

高麗人参は栽培の難易度の高さ、栽培コストがかかることから昔から高級食材として珍重されてきました。
高麗人参の価格を決める基準は「産地」、「形」、「栽培年数」、「加工法」の四つによって決められます。
人参の名のとおり、人の形に近ければ近いほど効能が高まるとされていて高値で取引されます。
形そのものから重要視されますが、それ以外にも色味やつや、太さも値段の決め手となります。

高麗人参は6年栽培されたものが最も栄養価や薬効が高まります。
高麗人参の薬効のメインである「サポニン」が最も多く含まれいるのが栽培6~7年目のものです、それ以降はサポニン含有量が徐々に低下していくため、栽培6年目の高麗人参は「6年根」とよばれて高値で取引されています。

最後の「加工法」によっても高麗人参の取引価格は大きく変わります。
高麗人参の加工法は3つあります。
ひとつめは「水参(すいさん)」といい、畑から収穫した生のままの状態のことをいいます。
ふたつめは「白参(はくさん)」といい、4年根から5年根の高麗人参の皮を剥き、太陽光による自然乾燥か、人工的な熱風を当てて乾燥させるかして加工したものをいいます。
三つ目は「紅参(べにさん)」というものでこれら3つの中で最も薬効が高く、高価とされているものです。
紅参は6年根の水参をそのまま蒸したり煮たりしたのちに乾燥させ、紅色になるよう加工したものです。
6年根自体が栽培にとても手間ひまがかかるものの上、加工にも手間と時間をじっくりかけたものです。
紅参のサポニン含有量は同じ6年根の白参や水参と比較しても群を抜いており、手間暇をかけてでもその価値のあるものとされています。

トップに戻る