人気の人参サプリを比較・厳選しました!
メインイメージ

乳がん患者には高麗人参が使えない?

高麗人参は、免疫機能を高めたり、組織を修復したりする効果があるので、がんの再発予防や治療の補助として用いられています。
しかし、乳がん患者には投与すべきでないという意見が多くあります。
高麗人参の成分の中には、エストロゲン様作用という女性ホルモンのような働きを持つものがあります。
それがエストロゲン受容体と結合して、がん細胞が増殖するという実験結果が出ているのです。

がん細胞が活発化しているときに高麗人参を摂取すると、がんの進行を促進してしまいます。
ホルモン依存性の乳がんには特に注意が必要です。
また、ホルモンの分泌を抑える治療をしている場合、効果がなくなってしまう事があります。

しかし一方で、高麗人参にはがん細胞の増殖を抑える成分もあり、乳がん患者への使用を禁止しなくてもよいという説もあります。
高麗人参を摂取していた人の方が、生活の質が上がるという報告もあります。
乳がん治療中の患者には、倦怠感、ほてり等の症状が現れる事があります。
高麗人参は更年期障害の治療にも用いられるので、これらの症状が改善され、がん治療にも良い影響を与えるのです。

乳がん患者に高麗人参を投与すべきかどうかは、長期にわたり、様々な研究結果が出ているにもかかわらず、結論が出ていないのが現状です。
それは、どちらも培養細胞を用いた実験であり、人体での作用については明確でないからです。
悪影響を及ぼす可能性があるから禁止しているというだけなのです。
しかし、高麗人参は体に良いからと自己判断で摂取するのはやめましょう。

トップに戻る